SmallRigのα6400新型Lブラケットをレビュー!ウッドグリップが握りやすい!

どうもカメラ大好きトコログです。

α6400を買ってから写真を撮るのが楽しくてしょうがないです!

そんなα6400を使っていて少し不満に感じるのがグリップ感。

軽いレンズなら全然問題ないのですが、重たいレンズを付けると握りづらい……

という事でSmallrigのα6300用のLブラケットを使っていました。

この製品は非常に使いやすくて気に入っていたのですが、なんとSmallRigからα6400/6300用の新しいLブラケットが発売されてしまいました!!

α6300用買ったばかりなのでもう一度買うか悩んだのですが、今回はグリップが付いたり開閉機構が無くなったりとめちゃくちゃ良さそうなので追加で購入することにしました!

という事で今回はSmallRigの新型Lブラケットをレビューしたいと思います!

SmallRig Sony A6400/A6300専用L-ブラケット2331

今回購入したのはSmallRig Sony A6400/A6300専用L-ブラケット2331です。

実はすでにα6300用のLブラケットが存在していたのですが、今回はα6400が発売されたということで新型のLブラケットが発売されました。

今回の目玉はなんと言ってもウッドグリップ

握りづらい握りづらいと言われるα6400をこのグリップでどれだけ握りやすくなるのか楽しみです。

SmallRig Sony A6400/A6300専用L-ブラケット2331のスペック

対応機種 SONY A6300/A6400
外形寸法 130×63×79mm
商品重量 141g
材質 アルミ合金/木材
付属品 六角レンチ


SmallRig A6400/A6300専用L-ブラケット2331をレビュー

それでは実際にα6400用のLブラケットをレビューしていきたいと思います。

まずは本体から見ていきましょう。

こちらがSmallRig A6400/A6300専用L-ブラケット2331になります。

ウッドグリップが特徴的。

底面はこんな感じ。

以前のブラケットは六角レンチでしたが、今回はコイン形状のマイナスドライバーに変わりました。

収納性も良く回しやすいので結構気に入ってます。

1/4ネジがあるのでLブラケットをつけたままクイックシューをつけることも可能。

ストラップホールもあるのでピークデザインのアンカーなども取り付けれるようになっています。

サイドプレートのデザインも洗練されてかっこよくなっています

1/4ネジが9個ありストラップホールもあるので使い勝手が良さそうです。

特に動画を撮る方はシューマウントを取り付ける事でマイクを横に取り付ける事も可能。

グリップもしっかりとした木製で作られています。

実際にα6400に取り付けてみる

という事で早速α6400に装着してみました!

めちゃくちゃキレイにフィットしていていい感じです!

正面はこんな感じです!ウッドグリップがいい感じのアクセントに

背面はこんな感じ。

一体感があっていいですね!

A6400 L-bracket

三角環の収納具合もいい感じです!

a6400 L-bracket

グリップも本体にしっかりとフィットしています。

そしてこれのおかげでかなり握りやすい

A6400 L-bracket

底面もすごい一体感です。以前のLブラケットは開閉機構があったおかげで、若干の隙間が気になりましたが今回はピッタリです!

A6400 L-bracket

ストラップホールの部分にもしっかりと切り欠きがあるので、机においてもストラップが干渉しないのも地味にありがたいです。

a6400 l-bracket

底面にあるストラップホールもピークデザインのアンカーなら収納しておけるので意外と機能的です。

a6400 l-bracket

そして液晶の下の部分にもしっかりとスペースが確保されチルトの開閉がとってもしやすくなりました

おかげでサイドプレートをずらしてスペースを確保する必要もありません。

実際に使ってみた感想

それでは実際に使ってみた感想をいくつか紹介したいと思います。

重いレンズを付けた時にウッドグリップが捗る!小指余り解消!

a6400 l-bracket

すこし重めものレンズを付けた時に、グリップ感の無さが気になっていましたが、ウッドグリップでめちゃくちゃ握りやすくなりました

グリップ自体も長くなるので小指余りの解消にもなります

α6400のグリップに不満を覚えてる人にはかなりおすすめです!

バッテリー室へのアクセスが良くなった!

a6400 l bracket

以前のLブラケットは開閉式だったので、ワンアクション必要だったのと折れ曲がるのでSDカードが取り出しにくい印象がありました。

a640 bracket

以前のα6300用Lブラケット

しかし今回は固定してあるのでバッテリーもSDカードも簡単にアクセスができるようになりました。

特に三脚に載せた状態で使いやすくなったのでめちゃくちゃ嬉しいです。

縦位置撮影はやっぱり便利

A6400 bracket

アルカスイス互換のLブラケットということで三脚使用時の縦位置撮影はとっても便利。

構図を大きく変えずに縦位置に変更できるので、素早く撮影ができます。

重さは141gと以前のLブラケットより軽量に!

驚いたのが重量です。

以前のLブラケットが144gだったのに対して、ウッドグリップを付いたのにもかかわらず141gと3gも軽くなりました

カメラって色々とアクセサリーを付けていくと重たくなっていくので、これは素晴らしいですね。

とは言えそれでも141gもあるので軽量ボディのα6400の長所をすこしスポイルしてしまいます。

グリップのみを改善したい場合は意外と純正のケースの方が良いかもしれません。

まとめ:細かな弱点が解消されめちゃくちゃ使いやすい

ということで今回はSmallRig A6400/A6300専用L-ブラケット2331をレビューしてみました。

以前のLブラケットでも十分使いやすいと思ってましたが、今回のLブラケットはさらに使いやすさがアップしていました。

特にウッドグリップがほんとに素晴らしいです。おかげで17-50f2.8をアダプター経由で付けても全然問題ないです。

他にもチルトがしやすくなっていたりと細かい部分でとっても使いやすいです。

α6400のLブラケットで悩んでいる人はSmallRigの新型Lブラケットはかなりおすすめです!